FC2ブログ

Atelier de vêtements 『herringbone coat』

こんばんは。

昨日は定休日。
いつもやったら前日に”明日はお休みです”ってBlogを書くのに忘れてました。
申し訳ない。

で、リベンジしてきました、家族で天王寺動物園!




午前中に着いて良い感じに曇ってたのですが、途中から雨。。
まぁ、ほとんど人が居なかったので見やすかったです。

さて、生地探しから始まり、釦、裏地、チカラボタンなど自分で見つけ
パターン、トワル製作をプロにお願いし、やっと完成した力作です。
Atelier de vêtements 『herringbone coat』

イタリアの生地メーカーCOLOMBO社の生地を使用した
飾り気の無いシンプルなハーフコート。
見た目と反し、重量は軽く仕上がっています。

衿の変化で雰囲気をコロッと変えられます。

ウール、シルク、アンゴラ、ナイロンの四者混の
かなり上質なヘリンボーン生地を使いました。
生地の段階でスポンジング(縮絨)し、はっきりとしていた
ヘリンボーンの柄を潰しています。
ですので遠目から見ると柄が悪目立ちしません。
また、生地の目が詰まってますので保温性が上がってます。

センターベント仕様でフロント釦は4つ。
腰左右にポケット、左胸に内ポケットが付きます。

袖付けをスプリットラグランスリーブにしております。
前側がセットイン、後ろ側がラグランになった袖の型です。
総裏仕様で袖裏も全て滑りの良い
ネイビーのキュプラ生地を合わせています。

襟裏は補強のジグザグステッチ、袖口は筒仕上げ。
ボタンにアンティーク加工が施された厚手の本水牛を使用。
少し細身に仕上げていますが、それ程分厚くないジャケットや
身体に合ったスーツの上からでしたら着て頂けます。

また、両サイドに”細腹(サイバラ)”を設けていますので
平面的ではなく、立体的な作り、着心地です。







Atelier de vêtements
herringbone coat


もともとはD,BrownとBrownのはっきりとした大きめのヘリンボーン織でした。
少し派手になるかな~って思ってたんですが、生地の段階でスポンジング(縮絨)を
したので良い感じに織り柄が圧縮され、落ち着いた良い雰囲気に落ち着きました。
イタリアでもなくアメリカでもない少しイギリスイメージのコートです。
使用したアンティーク加工された本水牛釦ともばっちりです。完全に自己満です。

使ったCOLOMBO社の生地ですが普通の大きさのカシミアマフラーで30.000円ぐらいします。
このコートはウール、シルク、アンゴラ、ナイロンの混紡なので比べたらアレですが
たまたまメーカーに残ってた生地を全て購入した為
べらぼうに良い生地をかなり割り引いてもらいました。
ですのでこの販売価格です。

”他のお店にも卸したりするんでしょ?”ってたまに聞かれますが
卸を考えたらこの値段では収まりません。
卸を考えてない為、できた価格ですわ。
とりあえず着てもらったら良さが分ると思います。
暖かいのに軽いです。
まぁ、ありがたいことに1(S)サイズしか残ってませんが。。

コメント

非公開コメント

プロフィール

IMPERIAL'S

Author:IMPERIAL'S
国内外のセレクト商品と共に
オーダースーツ
オーダージャケット
オーダートラウザーズ
オーダーコート
フルオーダーシャツなども展開。
一人で運営してますので
お気軽にどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

〒 631-0013
奈良県奈良市中山町西4丁目535-543
tel/fax 0742-47-6166
mail ttkz57197@iris.eonet.ne.jp
mail/faxは24時間受付。
返信は営業時間内になります。

営業時間 13時~19時
(19時~20時は予約制)
定休日 火曜日
(たまに急に休みます。
その場合Blogに記載します。)

Instagram

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR