FC2ブログ

HAVERSACK (ハバーサック) 『7g mohair pearl stitch vest』

え~
こんばんは。

明日11/8(火)は定休日です。
お間違えの無い様ご注意ください。


明日は大阪展示会です。
多分2012年春夏の最後の展示会でしょう。
ん~~楽しみです。

さて、気温がやっとこさ下がり秋冬らしくなってきました。
本間、やっとこさです。
アウター、ニットの動きも出てきてくれました。
これから重ね着の楽しい時期ですな。

さて、ニットで軽く羽織れる優れたベスト。
まず、HAVERSACKから、ここらしいシンプルで合わせ易いニットベストを。

HAVERSACK (ハバーサック) 『7g mohair pearl stitch vest』

パールステッチを施したHAVERSACKらしいベスト。
7ゲージと密度が低く、またモヘアと合わさる事により
ふわふわした、とても軽いものに仕上がっています。

本間に気持ちの良い生地です。

Khaki
ポケットも何も無く、スタイルのアクセントにもってこいです。



Brown



フロントはナットボタン仕様で合わせ易いシンプルなベストです。

縫い目の無い作りになっていますので
ゴロゴロせずストレス無く着て頂けます。

伸縮性があり、またシャープに仕上がっていますので
Sサイズの方でもMサイズを問題なく着て頂けますよ。

HAVERSACKのウール物の割りにお値段かなり控えめなので
かなりオススメですよ~☆

HAVERSACK (ハバーサック)
7g mohair pearl stitch vest
12.600円(税込)


ではでは。

FOUNDATION WORKS (ファンデーションワークス) 『CANBELTOWN』

え~
こんばんは。

ジムの脱衣所で水着に着替えたおっちゃん。
気合の入ったブーメランパンツ。
すげ~って思って見てた後姿・・・

ぐっと上にあげ過ぎてTバックになってました。

もう、一人で笑いこらえるん必死でしたわ。


さて、マニアックな商品、ブランドをご紹介。

FOUNDATION WORKS (ファンデーションワークス) 『CANBELTOWN』
古き良きイギリスのオーセンティックなウェアを
現代的に解釈するというコンセプトの元
2009年に立ち上げられたブランド。

ヴィンテージの生地を始め、殆どの資材をイギリスから調達する等
特に生地選びには拘りがあります。
イギリスの労働者にインスパイアされたコレクションを
シーズンごとにテーマを設けて展開していきます。

今回ご紹介するシャツにはスコットランドにある
ウィスキーの醸造所の名前が付けられています。

まず、Navy


ウィスキーの樽を担ぐ為の補強の当て布が右肩に付いた
実用性とデザイン性があるワークシャツになっています。


左胸に一つポケットが付属。


細身のスッキリしたシルエットですが、生地自体が柔らかい為
すんなりと体に馴染み、抜群の着心地を生み出します。


Olive





男くさい感じで合わせてください。
渋いですよ~。

裾のサイドのスリットにはコットンツイル生地のカジェットが付きます。
手作業でつけたような味のある物になっています。

ボディにはシャモアと呼ばれる起毛したウール生地を使用し
さらに洗いをかけ風合い豊かに仕上げられています。
何て言うんでしょうか・・・フワフワの柔らかいウール生地みたいな感じです。

FOUNDATION WORKS (ファンデーションワークス)
CANBELTOWN
23.940円(税込)


多分、誰も知らんブランドやと思います。
せやから逆にオススメです。

でわでわ。

STEPHEN WALTERS (スティーブンウォルターズ) 『WOOL TIE』

え~
こんばんは。

え~
夏ですね。
11月やと言うのに日中の気温が25度。
おかしいやろ・・・
来週の半ばぐらいから気温が下がるみたいですが、本間かな。。

ま、小物で秋らしくしていきましょう。
と言う事で前回(真夏)にも紹介しましためっちゃ良いウールのネクタイ。

STEPHEN WALTERS (スティーブンウォルターズ) 『WOOL TIE』

積んでた分がほとんど無くなりましたが今の時期からが一番使えるでしょう!!


改めて説明。

歴史がめっちゃくちゃ古く、1720年創業で、9代続く老舗のシルク織物メーカー。
他の織物メーカーと同じように最終工程で大量の水が必要ということもあり
水の豊富なロンドン北部に移り住み
最終的にSuffolk地方のSudburyに工場を立て操業。
現在では全生産量の75%以上をアメリカ、イタリア、フランス、ドイツ、ベルギー
ポルトガル、日本などの世界各国に輸出している。

ネクタイ地を提供してるブランドがラルフ ローレンやマリネッラ
キトン、ブリューワー、エルメス、ニッキーなどなど。

イギリスではドレイクス、バーバリー、ポール・スミス
ターンブル&アッサー、ホリデー&ブラウンなどなど。

HAVERSACKの生地(今年のATTIREラインのショートパンツ)なんかにも使われたり。

ま~ネクタイを得意としているブランドに卸しているところが良いですな。
品質が優れているという証です。

今回のモデルはウールタイですのでこれからの時期にぴったりです。
しっかりと肉厚なんで首元がお上品にまとまります。

普段使いに、スーツにとご自由に~。
お値段も控えめです。

Navy系(完売しました。)


Green系


Red系


Black系


たるみ糸ももちろん付いてます。

STEPHEN WALTERS (スティーブンウォルターズ)
WOOL TIE
9.975円(税込)


では明日待ってます。

orslow (オアスロウ) 『1950 COVER ALL』

え~
こんちは。

明日って祝日やったんですね~。
お客さんに言われるまで気付きませんでしたわ。

文化の日、まんがの日、ハンカチーフの日、良いお産の日らしいです。
良いお産の日っていうのにはビックリです。
『1103』で『いいおさん』らしいです。

さて話を戻しまして、軽いアウターでもご紹介。

orslow (オアスロウ) 『1950 COVER ALL』


9オンスのオリジナルセルヴィッジデニムを使用した
orslow定番のカバーオール。


フロントには4つのポケット、右胸には内ポケットも付いています。





3本針で頑丈に縫製してます。


古布の様な独特の雰囲気を表現する事を目指し
60年以上前の製法と同じ機械、同じ手法で織っています。
その為、現在の素材には無いネップ(白い節)やネジレがあります。

ラグランスリーブになっていますので、インナーには
スウェットやニットも十分着て頂けます。
作り見た目はワークなカバーオールですが
orslowらしく古着の様な野暮ったさはあえて残しつつ
現代に着てもおかしくないスッキリとしたシルエットになってます。

orslow (オアスロウ)
1950 COVER ALL
22.890円(税込)


ではでは。

プロフィール

IMPERIAL'S

Author:IMPERIAL'S
国内外のセレクト商品と共に
オーダースーツ
オーダージャケット
オーダートラウザーズ
オーダーコート
フルオーダーシャツなども展開。
一人で運営してますので
お気軽にどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

〒 631-0013
奈良県奈良市中山町西4丁目535-543
tel/fax 0742-47-6166
mail ttkz57197@iris.eonet.ne.jp
mail/faxは24時間受付。
返信は営業時間内になります。

営業時間 13時~19時
(19時~20時は予約制)
定休日 火曜日
(たまに急に休みます。
その場合Blogに記載します。)

Instagram

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR